保湿ゲルクリーム

 

 

こんにちは。ビーグレンまにあです( ̄▽ ̄)

 

超乾燥砂漠肌の私。
ホワイトケアセットに始まり、小じわクリームトータルリペアアイセラムをプラスして使っているんだけど
晩秋~冬はちょっと物足りないな~
温かい季節は感じないんですけど、空気が乾燥する冬になると、お肌が突っ張るような乾燥を感じるように。

 

夏は湿気に騙されてしまうわけで、お肌の乾燥具合は、夏も冬も同じなんですけどネ。
やっぱり冬は乾燥ぴきぴきが辛い。
このままじゃあ無理じゃね?ヤバくね?
ってことで、ビーグレンでお肌が乾燥する!そう感じた時の私の使い方をご紹介します。

 

お手入れ法・使い方は2つ。

 

icon-check01-redQuSomeモイスチャーゲルクリームをプラスする。
icon-check01-redスキンケアオイルをプラスする。

 

 

① キューソームモイスチャーゲルクリームをプラスする

保湿ゲル

 

ビーグレン美容液Cセラムは、どんな肌悩みにも対応してくれるスペシャルアイテムなんですけど、その性質上、乾燥しやすい美容液なんですよ。
ピュアビタミンCが7.5%の濃度ですからね~
正直、潤いが物足りません。
Cセラムの後に、QuSomeモイスチャーリッチクリームを塗っても、びみょー。
そこで、プラスしたのがQuSomeモイスチャーゲルクリーム。

 

ビーグレンアイテムの中では、ちょっと地味で目立たない存在ゆえ、使い方も良くわからない・・・っていう人も多いんじゃないかと、、
でも、これが超保湿ゲル!
私も使い込むのは遅かったですが、使い始まったら手放せなくなりました。

 

インナードライにおすすめゲルクリーム

 

Cセラムの後にプラス。
お顔全体に塗って、しっかりとハンドプレスします。
ハンドプレスしていると、手触りが違ってくるので、これが浸透の合図。

 

ビーグレン乾燥する時の使い方ものすごっく乾燥していて、、、って言うときは、お風呂上りに、QuSomeモイスチャーゲルクリームを塗って、ラップパックをすると◎。

 

ラップで密閉されることで、お肌が柔らかく、更に浸透しやすくなりますヨ。
これを何日か続けます。

 

写真の目元は、ローションを染み込ませたコットンです。
コットンなしで、ラップパックするだけでもOKです。

 

どうしてローションを染み込ませたコットンを使っているのかっていうと、目の下に直にラップをのせると、密着してしわしわ~っとなりやすいから。
そのままクセになることはないんですケド、ぞぞーっとしたので、ラップが直接お肌に触れない様に、コットンをのせてます。

 

継続していると、ラップパックなしで、塗るだけでも乾燥を感じなくなりますヨ。

 

 

② スキンケアオイルをプラスする

 

この方法は、QuSomeモイスチャーゲルクリームを使う前にやっていた方法です。
QuSomeモイスチャーゲルクリームの在庫がない時にもやっています。

 

ある時、お風呂でお顔のオイルマッサージをしたんです。
お風呂から出た後、オイルがついたままのお顔に、普通にビーグレンでいつものスキンケアをしたらば、いつもよりお肌の調子が良く、乾燥を感じにくかったんですよ。

 

いいかも~お肌がしっとりして丁度いい♪
・・・って思っていたんだけど、でも、ここでちょっと疑問が。
美容オイルを塗ったら、いくら浸透技術を使っているビーグレンとはいえ、浸透するのかな?

 

ってことでカスタマーセンターに聞いてみました。

 

美容オイルを塗ると、確かに浸透力は落ちるそうです。
でも、お肌のターンオーバーは、キチンと潤った状態でこそできるもの。保湿は大切!ターンオーバーが整っている状態が、一番浸透力を発揮するため、使ってお肌の調子がいいのなら、そのままでいいとのこと。

 

そう、お肌は、一番に、潤わないと美肌はあり得ない!のです。
もし、手元に美容オイルがあるのならば、最初にこの方法を試してみてもいいと思いますヨ。

 

そして、クリームに美容オイルを混ぜて使ったら・・・どう?という疑問が。
また、カスタマーセンターに聞いてみました。

 

美容オイルを混ぜてご使用いただく場合は、製品との相性などもございますので、少量からお試しいただき肌に違和感などがある場合は、混合しての使用をご中止ください。
また、美容オイルを混ぜた状態での保管はお控えいただきたいです。

 

追記として

 

製品の浸透を考えるとリッチクリームの後に、美容オイルをご使用いただくのがベストでございます。

 

そうだよね~
最初は1滴混ぜて使っていたけど、浸透のことを考えて、ラインの最後に美容オイルを使うことにしました。
ビーグレンのスキンケアアイテムは、ほとんどがお肌に浸透してしまうので、肌上にぬるぬるが残らないのよね。
なので、美容オイルをクリームの後に塗っても、いや~なぬるぬる状態にはならないのです。

 

ビーグレンホワイトクリーム・オイル

 

美容オイルは、混ぜる時は少な目がポイントです。
美容オイルを使う時の方法をまとめると・・・

 

お風呂から上がり、スキンケアをする時に、一番最初に美容オイルを1滴お顔に伸ばす。(入浴中に塗っても◎)
その後、化粧水・美容液・クリームなどを塗り、最後にも美容オイルを重ねる。
この方法は、お肌が揺らいでくる秋口から始めると、冬のお肌は乾燥しにくく、安定して過ごせます。

 

ビーグレンを使っていて、乾燥する!と感じたら
美容オイルを併用して使う方法。
QuSomeモイスチャーゲルをプラスする方法。
やりやすい方から始めてみるといいと思いますよ。

 

ビーグレンホワイトセットに限らず、しわケアセットを使っている場合でも、たるみケアセットを使っている場合でも
乾燥を感じた時はやってみてくださいね。

 

●⇒ビーグレンキューソームモイスチャーゲルクリーム

 

 

ビーグレン毛穴ケアトライアル

 

 

モイスチャーゲルクリームは、毛穴の開き・黒ずみ・角栓ケアトライアルに入っています。

 

●⇒毛穴の開き、毛穴の黒ずみ、角栓トライアル

●⇒ビーグレンまにあの口コミ

 

 

「ビーグレンで乾燥する時のお手入れ法・使い方」でした。