0-09

 

美白化粧品を毎日使っているのに、シミが消えないのはどうしてなんだろう・・

 

一言に美白化粧品と言っても、使われている美白成分は様々ですよね。
美白化粧品を選ぶポイントを見落とすと、毎日使ってもシミはそのまんま消えない・・・ということにも。

 

「美白」って書いてあるからシミが消えるかっていうと、そうとも言い切れないですよね。
もしかしたら、それは美白っぽい化粧品なのかも知れませんヨ。

 

厚生労働省認可 美白成分チェック

 

一番最初にチェックしたいのは美白成分ですよね。
シミ予防効果が高い美容成分や、シミを薄くする成分が、高濃度で入っているかどうかをチェックします。

 

厚生労働省が、美白成分として認めている成分は9種類でしたが、追加され増えているようです。

 

アルブチン・エラグ酸・ルシノール・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・カモミラET・トラネキサム酸・t-AMCHA(t-シクロアミン酸誘導体)・リノール酸・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)・マグノリグナン・ハイドロキノン

 

アルブチンやビタミンC誘導体は良く使われているし、トラネキサム酸は肝斑治療にも使われていますよね。

 

この成分の中でチェックしたいのは、シミを予防する成分なのか、それともシミを薄くする成分なのか・・・ということです。

 

できているシミにいい成分

icon-check01-redメラニンを薄くする成分
ビタミンC誘導体、ハイドロキノン

 

icon-check01-redターンオーバー促進する成分
ターンオーバーを促進させることで、メラニンを押し上げ、排出すると言われる成分

エナジーシグナルAMP、レチノール

 

シミ予防成分にいい成分

チロシナーゼという、メラニンの生成を抑える成分です。
ビタミンC、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール。

 

 

更に、メーカーが独自に開発している美白成分や、認可はされていないけれど使われている成分もあります。

 

甘草エキス・シムホワイト377・藍エキス・ホワイトノル・ソウハクエキス・ボタンエキス・コウジ酸・火棘(カギョク)エキス・ルムプヤン・・・なども美白成分です。

 

ハイドロキノンは、皮膚科でも処方される成分です。

 

 

最強しみ消し化粧品の選び方

 

本当の意味で、美白をしたい時は、シミ予防成分と、できているシミにいい成分を配合してある化粧品を使えばいい・・・ということになりますよね。

 

シミ予防にいい成分は、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール。
できているシミにいい成分は、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン

 

共通しているのは、ビタミンc誘導体とハイドロキノン!

 

この2種類を配合してある化粧品を使えば、美白が可能だということになりますよね。

 

ビタミンc誘導体は、水溶性に馴染みやすいということから、化粧水や美容液に使われています。
ハイドロキノンは、ハイドロキノンクリーム。
皮膚科でも処方されることもあるクリームです。

 

1本の化粧品で、ビタミンc誘導体とハイドロキノンを得るのは難しいので、化粧水・美容液・クリーム・・・など、それぞれに配合してあるものを、デイケアで合わせて使うのがおすすめです。

 

ビーグレンホワイトトライアル

 

 

 

ビーグレンホワイトセットは
ホワイトローションに、ビタミンc誘導体が。
CセラムにはピュアビタミンCが。
ホワイトクリーム1.9に、ハイドロキノンが。

 

それぞれ、美白成分が配合されています。
シミ予防にも!できているシミにもいい化粧品なんですネ。

 

●⇒私のシミ、ビフォーアフターはコチラです

 

シミは新しいシミほど効果がでやすいものです。美白化粧品は、若い時から使うことをおすすめします。
私は40代で美白を始めましたが、それでもビーグレンの美白セットで実感できるまでになっていますヨ。

 



 

「厚生労働省認可美白成分 最強シミ消し化粧品の選び方」でした(o´ω`o)