sengan
毎日使う洗顔料。
美肌の基礎を作る上で、とても大切なプロセスですが、迷いませんか?
毛穴にいいのは?ニキビにいいのは?美白にいいのは?一番いいのはどのタイプ?

 

こんにちは。ビーグレンまにあです( ̄▽ ̄)

 

汚れを落とす洗顔料は、美肌の土台をつくる大切なアイテム。
選び方を間違うと、いつまでたっても毛穴はキレイにならないし、開いたまんま。
そこからニキビができやすくもなるし、くすみも出やすくなっていきます。

 

洗顔料には、石けんタイプとフォームタイプがありますよね。
カタチだけで言えばどちらを使ってもいいと思いますヨ。

 

ただ!条件があります。

 

icon-check03 汚れ吸着成分を使っていること。
icon-check03 潤いが残る保湿洗顔料であること。

 

この2つは、美肌のために絶対譲れない条件なんです。

 

チェック!汚れ吸着成分

 

洗顔料っていうと、泡洗顔が主流ですよね。
でも、意外や意外!泡は汚れ落ちの良さと直接的な関係はないんです。

 

泡は、お肌をこすらないように、指とお肌の間のクッションになるためのもの。
泡は、意外と気泡が大きく、0.2mmの毛穴に入っていくことができないんです。

 

丁寧に洗ったつもりなのに、毛穴がなかなかすっきりしない!
そんな経験がある人もいると思います。

 

泡が毛穴の奥まで届いていないからなんですヨ。

 

洗顔料を選ぶときは、泡よりも、汚れ吸着成分!
それも、0.2mmの毛穴に入っていけるほど小さなモノでないと意味がありません。

 

この辺のチェックをしないと、美肌の基礎ができないんですヨ。
最近では「泡洗顔はやめさない」っていう美容家の先生もいますよネ。

 

 チェック!潤い保湿成分

 

見落としがちなのが潤いじゃないかと思います。
年齢・肌質を問わず、洗顔料に保湿は大切だと感じています。

 

たとえば、お肌のくすみ。
40代以降にお肌がくすんでくるのは、古い角質がお肌に残ってしまうことが原因の一つ。
ターンオーバーが乱れて、お肌がくすんでしまうこと。

 

お肌のターンオーバーは、しっかり潤うことで改善されることが多いんです。
潤った状態でこそターンオーバーが整う!
ゆえに、洗顔料から保湿することは美肌への近道なんです。

 

それは、毛穴の詰まりやニキビでも同じことなんです。

 

私は、若いころは随分ニキビに悩まされ、皮膚科もはしごしたし、ホルモンバランスの乱れもあるかな・・と、婦人科にも行ったり。(ニキビは皮膚科へ!と言われましたケド)
その頃は、ニキビ=さっぱり洗顔・・・これが主流でした。

 

でも、最近は、ニキビ肌こそ保湿!・・・変わってきてますよね。

 

お肌は、乾燥すると、自己防衛機構から、皮脂を分泌してお肌を守ろうとするんです。
反対にお肌が保湿されているのを感じると、皮脂を出さなくなってくるんですヨ。
人ってよくできてるもんですよね。

 

過剰な皮脂は、毛穴に詰まってしまうし、ニキビの原因にもなります。
つまり・・
お肌がいつも潤っていれば、過剰な皮脂はなくなり、毛穴もキレイに♪ニキビもできにくく♪

 

美肌になるためには、一番に保湿!
保湿できる洗顔料を選ぶことが大切です。

 

私の場合、ニキビが治ってきても、鼻の毛穴が詰まることも多くて、指でむにゅ~っと押し出したり、毛穴の角栓パックをしたことも!
今思えば恐ろしいことですケド、当時はよくやってましたヨ。

 

でも、今は毛穴の詰まりもとれ、穴は穴としてキレイになってきています。

 

それは、毛穴の奥まで届く汚れ吸着成分を含む潤い洗顔料を使っているから。

 

ビーグレン毛穴の開き・黒ずみトライアル⇒⇒ビーグレン毛穴の開き・黒ずみトライアル

 

お肌そのものも明るくなってきたし、毛穴もクリア♪
恐るべし!ビーグレンクレイウォッシュ!

 

ビーグレンクレイウォッシュの汚れ吸着成分は、毛穴より小さいクレイ。モンモリロナイトを使っています。
そして、洗いあがりは全く突っ張らない潤いが残ります。

 

毛穴・美白にジャストな洗顔料なんですヨ。
継続は力なり~ですネ。

 

クレイウォッシュは、毛穴トライアルでお試しできるので、トライアルでお肌に合うかどうか、試してみてくださいネ。
365日返金保証が付いていますヨ。

 



 

<洗顔お役立ち記事リンク>

毛穴ケア口コミとビフォーアフター
その肌荒れ洗顔ブラシのせいかも?使うなかれ!洗顔ブラシ

 

「固形石けん・洗顔フォーム?毛穴・美白にいい洗顔料選びのポイント」でした。