0-51

最近人気の美白ファンデーション。
美白って聞くと、ついつい飛びついてしまうのが女心。
でも、美白ファンデーションでシミは消えるの?・・・って話・・

 

こんにちは。ビーグレンまにあです( ̄▽ ̄)

 

年齢を重ねると、パウダーファンデーションよりもリキッドファンデーションをセレクトする女性が増えてくるよね。
それは、美容液を含み、スキンケア感覚でベースメイクが完了できるから♪
塗っている間中潤っているのっていいよね~医薬部外品扱いのリキッドファンデーションもあるしネ。ええ、私も使ってます。

 

美白には二通りあって、「シミの予防」「シミを薄くする」
どちらも美白です。

 

一般的に美白ファンデーションに使われるのは、プラセンタエキスやビタミンC誘導体が多いと思うの。
これらは、厚生労働省が認めている美白成分だし、認知度も高いことが多いことから、使われることが多いんだと思う。

 

ちなみに、厚生労働省が認可している美白成分は
アルブチン・エラグ酸・ルシノール・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・カモミラET・トラネキサム酸・t-AMCHA(t-シクロアミン酸誘導体)・リノール酸

 

注意したいのは、厚生労働省が認可している美白成分は、主に予防に使われる成分だということ。

0-02

プラセンタエキス配合・ビタミンC誘導体配合のファンデーションは、主にシミができないようにするための成分として使われている!とうわけ。
でも、成分で見てみると、予防だけでなく、多少の淡色化はできるかな~って感じも。
配合量でも違いはあると思いますヨ。

 

ゆえに!
美白ファンデーションでは、シミを薄くする!という意味での美白は期待しないほうが無難。

 

ただ!

 

プラセンタエキスなど美白成分には、美白だけではなく保湿力もあるんです。
お肌が乾燥してカラカラ・・パウダーファンデーションを使っていた人は、お肌が潤うことを忘れくすんでしまってる人もいると思うの。
そんな人は、潤う美白ファンデーションを使うことで、みずみずしさがプラスされ、美白されたように変わっていくこともあります。

 

本当の美白は、お肌が潤っていないと不可能。
しっかり保湿し、その保湿をどれだけキープできるかで違ってくるんですヨ。

 

美白ファンデーションの「美白」は、美白であって「美白」でないようなもの。
真の美白は、ファンデーションだけに頼るのは危険です。

 

真の美白は、デイケアで毎日ジミ~に継続してこそ得られるもの。
そして、UV対策は、冬でも必要。
君島十和子さんは美白の女王って言われているけれど、冬でも日傘をさすほど手抜きはなし!
毎日の美白スキンケアとUV対策!
シミが気になる・・シミを消したい!そんな女性は大切ですヨ。

 

「美白ファンデーション 美白ファンデーションでシミは消えない!」でした。