026

 

こんにちは。ビーグレンまにあです( ̄▽ ̄)

 

日焼け止めクリームに表示されている紫外線防止数値。
SPFとPAってありますよね。

 

購入するときは、何を基準に選んでいますか?

 

もちろん数字が大きく、+も多いヤツ。

 

ですよね~

 

絶対シミを予防したいって思ったら、数字は大きいにこしたことはないですもんね。

 

50++++ これだけあったら完璧でしょーー

 

これが意外に落とし穴だったりもするんです。

 

043

 

 

日焼け止めクリームには、紫外線吸収剤を使っているものと、紫外線散乱剤を使っていうものがありますよね。
今は、どっちかっていうと、紫外線散乱剤を使っているのが主流。

 

紫外線散乱剤を使っていて、SPF50のノンケミケルタイプに多いのが、使用感の悪さ。
紫外線散乱剤って、元々は粉なので、数値が高くなればなるほど粉の量が多い!っていうことなんです。

 

メーカーも工夫を凝らしているけれど、やっぱり粉っぽいというかさらさらしすぎるとういうか・・この辺が欠点と言えば欠点。

 

使用感で言えば、紫外線吸収剤を使っているタイプのほうがいいんですよね。

 

icon-check01-red紫外線散乱剤を使っている日焼け止めクリームは、肌表面で紫外線を弾き飛ばすタイプ。ノンケミカルと表示されています。

 

icon-check01-red紫外線吸収剤は、古くから使われているタイプで、吸収はするけど、化学反応で紫外線を弾き飛ばすもの。

 

どっちがいいかは、使う人の好みもあるので一概には言えませんけど、どっちかっていうとノンケミカルタイプが人気です。

 

SPF値の選び方

 

SPFは、紫外線B波を予防するもの。
お肌が赤くなったり火ぶくれになるのを予防してくれます。

 

生活紫外線を予防するには、SPF値は20前後あれば足りる!と言われています。
海に行く時や、1日中戸外にいる場合は50あったほうが安心。
ただ、SPF50を塗ってるから大丈夫~と、塗り直しをしない!これが落とし穴なんです。

 

いくらSPF50でも、汗や皮脂でとれてしまうことが多いもの。
こまめな塗り直しをしないと、紫外線の爪あとはしっかり刻まれますヨ。

 

PA数値の選び方

 

PAは、紫外線A波を予防するもの。
紫外線A波は、肌奥まで届き、コラーゲン組織などを老化させてしまう紫外線。

 

PAは+の数で表示され、最高は++++ フォープラスです。

 

最近までの最高は+++。
プラスが増えたことを考えても、紫外線A波を予防したほうがいいことがわかりますよね。
皮膚科のドクターも、PAは重視しているようです。

 

この紫外線A波は、ガラスも通過するという老化波。
曇りの日でも地表に届くため、家の中にいても安心はでいませんヨ。

 

SPF値も大切だけど紫外線A波を予防するPAはもっと大切なんです。

 

まとめると・・・

 

日焼け止めクリームを選ぶときの基準は

 

icon-check01-redSPF値は、日常生活では20位を目安に。海へ行くときは50。
icon-check01-redでもPAは、日常生活でも+がなるべく多いものを。

 

というふうに考えるといいと思います。

 

 UV効果があるおすすめの化粧下地

ファンデーションにもUV効果があるものは多いですが、化粧下地にもUV効果があれば、尚安心ですよね。
化粧下地のSPF値・PAはどれくらいがいいんだろう・・・迷いますよね。

 

ビーグレンヌーディーヴェール

 

室内にいることが多いのか、戸外にいることが多いのか・・・ということでも違ってきますけど、ファンデーションにもUV効果があるものが多いので、SPFは20~35位あれば十分じゃないかと思います。

 

nudy-9

 

ビーグレンの化粧下地ヌーディーヴェールは、SPF36 PA++(写真は古いタイプです)

 

女性のお肌のことを考えて導かれた数字なんだそう。
ふわっとした心地いい使用感♪
カバー力もあって使いやすい化粧下地です。

 

 

おすすめの化粧下地

 

 

おすすめの化粧下地

 

日焼け止めクリームをお顔に塗るときは、頬骨や鼻などは紫外線を多く浴びやすい部分なので、多目に塗ることをお忘れなく。
お化粧をする時は、化粧下地にもUV効果があるものを。
ファンデーションを塗った後も、パウダーなどUV効果があるものを日中に使うようにするといいですよ。

 

●⇒ビーグレンヌーディヴェール

 

●⇒私の口コミはコチラです
 

 

ゲキ注意!朝日&夕日

 

太陽が高い昼間は日焼けを意識するけれど、意外とかる~っく見てしまうのが、朝日と夕日。

 

UV-A・UV-Bのピークは確かに昼間。10時~午後2時ごろです。
お肌の内部にまで届き、じわじわ~っとコラーゲンなどの組織を破壊すると言われるUV-Aは、1日の量の変動がとても緩やか。
朝も夕方も、かなりの量が地表に届いていることがわかっているんだそう。

 

確かに朝日ってまぶしいし、夕日ってなが~いですよね。
オゾン層破壊という言葉を聞くようになりましたけど、オゾン層破壊のため、紫外線が地表に届く量は、年々増加傾向だと聞きます。
紫外線はお肌を直射!気を付けましょう。

 

「効果が高い日焼け止めクリーム・化粧下地 SPF PAの選び方」でした。