DSC_0531 (400x300)

 

日焼け止めクリームなどのサンスクリーン剤を選ぶときって、何を基準に選びますか?
最近は紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプが主流になっていますよね。

 

紫外線吸収剤は、昔から使われている成分で、今でも化粧品に使われているものもあります。
一概に、絶対ダメ!ということはなく、今でも化粧品に使われてるのにはそれなりの理由があるからなんですよね。

 

紫外線吸収剤にも紫外線散乱剤にも、メリット・デメリットがあるんですヨ。
それぞれの特徴を理解したうえで、どっちを使うか・・決めるといいと思います。

 

 紫外線散乱剤(ノンケミカルタイプ)のメリットとデメリット

 

 

メリットは、肌表面で紫外線を弾き飛ばすので、吸収しないというところ。
肌負担が少ないと言われています。

 

デメリットは、一般的にSPF値が高くなればなるほど、白浮きしやすく塗り心地が悪くなっていくということ。

 

紫外線散乱剤に使われる原料は、元々は
酸化チタンやカオリンなどが使われるため、SPF値が大きくなればなるほど配合量が増えていきます。
エクスチャーの問題もあり、SPF数値はあまり大きくないんですよね。

 

一般的には、紫外線吸収剤を含まないノンケミカルタイプがいいと言われていますが、UV化粧品には紫外線吸収剤が使われていたりもします。
最近では、紫外線吸収剤のまわりを別の成分で包みこみ、肌負担を軽減しているものも見かけます。
そのほうがテクスチャーがいいからなんでしょうね。

 

紫外線吸収剤のメリットとデメリット

 

メリットは、紫外線散乱剤を使っているノンケミカルタイプよりも、白浮きしにくく伸びがいいものが多いということ。

 

SPF値を高くすることが容易なので、50のものが多いです。
規制がかかる前は、SPF100なんていうのもありましたものね。
UVBを予防する効果が高くできるのもメリットです。

 

デメリットは、吸収して熱に変換し、お肌への浸透を予防するので、少なからず肌負担がある!というところ。
肌負担があるとはいえ、赤くなったりかぶれたりすることなく使える人が多いのも事実です。

 

 

正しい日焼け止めクリームの選び方

ビーグレンヌーディーヴェール

 

じゃあ、日焼け止めクリームは、紫外線散乱剤を使ったものと、紫外線吸収剤を使ったものと、どっちがいいの?って話ですよね。

 

SPF値だけで言えば、日常生活に必要なのは20位
SPF20なら、紫外線散乱剤を使っている日焼け止めクリームでも、紫外線散乱剤(粉)が少な目なので、テクスチャーもいい方だし、白浮きしにくく数値的にも十分だと思います。

 

でも、海など紫外線を1日中浴びてしまうような場合は、できるだけ高数値を使いたいもの。
そんな時は、紫外線散乱剤を使ったノンケミカルタイプにこだわるよりも、紫外線予防数値にこだわったほうがいいかも知れませんね。

 

つまり、紫外線吸収剤アレルギーがないのならば、紫外線吸収剤を使っている日焼け止めクリームも視野に入れたほうがいいということです。

 

紫外線吸収剤にアレルギーがある人は別として、日焼け止めクリームは使い分けをするのがいいんじゃないかと思いますよ。

 

肌老化の80%は紫外線の影響です。
できるだけ紫外線カット!
これを意識すると日焼け止めクリームは選びやすくなると思います。

 

日焼け止めクリームの1回使用量

日焼け止めクリーム1回量

 

 

日焼け止めクリームを塗るとき、塗る量って意識していますか?
塗ってあればいいか~って感じで、量までは気にしない人が多いと思うんです。

 

意外と知られていないのが、1回の使用量。
メーカーも明記してくれないのがいけないんですけどネ。

 

UVカットの数値は、皮膚1㎠当たり、2mgの量を塗って測定しているんだそうです。
ところが、実際に使うときは、平均すると0.5~1mg位の人が多いんだそう。
少な目に塗っていることになります。

 

折角SPF50の日焼け止めクリームを使っても、少な目に使っていると、日焼け止め効果は半減。
1回塗ったら重ね塗り!
重ね塗りをすると、1回塗りよりも紫外線予防力はあがるので、是非とも重ね塗りを。

 

片腕目安量は、最低大粒パール2個分。
耳も忘れずに。
ムラ塗りはもちろんNGですケド、1回量にも注意しないと!ですネ。

 

 

化粧下地にもUV効果があるものがおすすめ

UV化粧下地

 

女性ならば、ファデーションを塗る前にも、1年を通してUV効果がある化粧下地を使うのがおすすめ。
夏はもちろんですケド、地表に届く量の違いはあるとはいえ、お肌は1年中紫外線にさらされています。

 

体は洋服でカバーできますが、お顔はそうはいきません。
お顔の洋服は、化粧下地とファンデーション!

 

お顔の洋服は、ファンデーションを厚塗りをすればいいというものではないんです。(厚塗りは老けて見えます)

 

大切なのはUV効果!

 

化粧下地にもUV効果!ファンデーションにもUV効果!
Wで紫外線予防がおすすめ。

 

私が使っている化粧下地は、ビーグレンヌーディーヴェール。

 

 

おすすめの化粧下地

 

 

おすすめの化粧下地

 

ナチュラルなベージュカラーのビーグレンヌーディーヴェール(化粧下地)は、SPF36 PA++。
紫外線予防効果が高いだけでなく、シミや肌の色ムラも、程よくカバーしてくれる化粧下地です。

 

●⇒ビーグレンヌーディーヴェール

 

●⇒私の口コミはこちらです

 

「紫外線散乱剤日焼け止め 日焼け止めクリームの正しい1回使用量 」でした。