ビーグレンCセラム

 

こんにちは。ビーグレンまにあです( ̄▽ ̄)

 

ビーグレンCセラムは最強のビタミンC美容液だと実感している私。
ビタミンC美容液は、抗酸化作用が高いことで有名ですよね。
抗酸化抗酸化作用があるゆえ
紫外線の影響でできる活性酸素を抑え、お肌が錆びない!
酸化しないお肌を維持することができる
んです。

 

私は、すでに、ビタミンC美容液でシミ・くすみが消えたり
毛穴がきれいになった経験をしているからわかるんだけど、まだ使ったことがない人には半信半疑ですよね。
そこで、どれだけ抗酸化作用があるのか、りんごを使って実験をしてみました。

 

まずはコチラ。

 

りんごを半分に切り、左側のりんごにビーグレンCセラを塗布。
右側のりんごは何も塗らず、そのまま放置しました。

 

ビーグレンCセラムリンゴに塗った実験

 3時間放置した状態

 

3時間ぐらい放置しましたけど、すでに変化がでてきてますよね。
ビーグレンCセラムを塗ったりんごも、酸化は始まってますが、さほど茶色にはなっていません。

 

一方、Cセラムを塗らなかった右側のりんごは、かなり酸化して茶色く変色してきています。

 

Cセラムをりんごに塗った酸化実験

一晩放置した状態

 

 

一晩放置しました。
かなり酸化の違いがでてきてますよね。

 

ビーグレンCセラムを塗ったりんごも酸化はしていますが、塗っていないのと比べると、見た感じがちょっと違いませんか?

 

実は、触った感じの水分量がかなり違うんです。

 

ビーグレンCセラム

 ビーグレンCセラムを塗らなかったりんご

 

何も塗らなかったリンゴは、酸化しまくってぱさぱさ。
これがお肌だったら・・・と思うと、ぞっとします( ̄_ ̄ i)

 

ビーグレンCセラム

 ビーグレンCセラムを塗ったりんご

 

一方、Cセラムを塗ったりんごは、かなり酸化スピードが遅く、触ってみると、まだみずみずしさが残っているんです!
驚きました!このみずみずしさ。
りんごの水分を、逃げないように閉じ込めてもくれているんですね~

 

Cセラムをお肌に塗ると、実験結果と同じように、みずみずしさをとじ込め、酸化しにくくなるということですネ。

 

酸化しにくくなる!ということは、、、

 

シミになりにくい!しわになりにくい!

 

ということです。

 

そして、ビタミンCにはシミの還元作用もあるので、使うほどにクリア感もアップ↑
毎日Cセラムを使うことの大切さ。
ビーグレンCセラムは、美白にビタミンC美容液を使いたい人には一番効果的な美容液だと思います。

 

私の、酸化しまくったお肌は、シミに埋もれていました。

 

 

シミ

 

 

シミ

 

 

私の場合は、こんな感じで (* ̄m ̄)

 

 

あんなにあったシミは薄く!
透明感もGETです(o^-‘)b グッ!

 

ビーグレンCセラムは、ホワイトケア・毛穴の開きケア・目元ケア・しわたるみエイジングケアトライアルに入っています。

 

つまり!

 

毛穴の開きが気になる人は、毛穴ケアをしながら美白効果も期待できる!
しわが気になる人は、しわたるみケアをしながら美白効果も期待できる!

 

ということなんですね。

 

毛穴ケアで、毛穴がよくなってきたからホワイトケアへ移行する・・とか。
しわがいい感じになってきたから、ホワイトケアをプラスしてみる・・とか。
徐々に変更していくのも一つの手段ですネ。

 

私の場合は、ホワイトケアをメインに、Cセラムをプラスしています。

 

ビーグレンホワイトトライアル

●⇒私の口コミ ビフォーアフター

●⇒ホワイトケアトライアル詳細

 

 

ビーグレン目元ケアトライアル

●⇒私の口コミ ビフォーアフター

●⇒目元ケアトライアル詳細

 

 

毛穴黒ずみ・毛穴落ち解消スキンケア

●⇒私の口コミ ビフォーアフター

●⇒ビーグレン毛穴ケアトライアル

 

 

たるみ・ほうれい線化粧品

●⇒私の口コミ ビフォーアフター

●⇒たるみ・エイジングケアトライアル詳細

 

「ビーグレンCセラム効果!シミ・しわが消える理由をりんご酸化実験で証明」でした。