18

 

 

化粧水を使う目的は、水分や保湿成分を補い、みずみずしく整えることですよね。
これに美白成分をプラスしたものが美白化粧水です。

 

美白化粧水に使われるシミ成分で一番多いのは、何と言ってもビタミンC誘導体。
アルブチンやカモミラETなども使われます。
厚生労働省が認可している美白成分は9種類ありますけど、成分の特徴もあり、化粧水に適する美白成分・美容液に適する美白成分・クリームに適する美白成分・・・化粧品メーカーは使い分けているみたいですね。

 

一時は、きゅうりエキスを使った化粧水なども人気だったようですけど、きゅうりって、紫外線と反応してシミになりやすいソラレンを含んでいるんですよね。
化粧水になるときは、まさかソラレン対策はしてあるんでしょうけど、ちょっと怖いですよね。

 

肝心の美白化粧水の選び方なんですが、美白には、シミを予防する成分と、シミを薄くする成分があり、美白と言える成分は、厚生労働省が認めている成分だけです。

 

<厚生労働省認可美白成分>
アルブチン・エラグ酸・ルシノール・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・カモミラET・トラネキサム酸・t-AMCHA(t-シクロアミン酸誘導体)・リノール酸

 

保湿成分に加え、上記の美白成分が配合されていれば、シミ美白効果が高いということですネ。
医薬部外品もありますので、医薬部外品を選ぶのも一つの目安ポイントになると思います。

 

美白化粧水を選ぶ時は、美白成分に何を使っていて、プラス、どれだけお肌に浸透していくのかが、選び方のポイント!
厚生労働省が認可しているシミ美白成分、買うときはチェックしてくださいね。

 

 

正しい美白化粧水の使い方

16

 

化粧水はコットンで塗る?それとも素手?

 

化粧水はどんなふうにして使っていますか?
もちろんコットンでしょーって言う人もいれば、手で使ったほうが肌状態がチェックできる!って言う人もいますよね。

 

どっちが正しいかっていうのは、一概にいうことはできません。
というのも、メーカーによってはコットン使用を勧めているから。
でも100回もパッティングするのはNGですヨ。
りんごのほっぺかよーーって突っ込みたくなるほど赤らんでくることもあるし、コットン繊維でお肌を傷つけることもあるから。
お肌に触れる時はそ~っとそ~っと・・・

 

私はコットンは使わない派。
その方がお肌の調子がわかるからなんですけどネ。
ざらついてるな~ぶつぶつしてるな~っていうのがわかるゆえ、肌状態に応じたお手入れができるという利点があるんです。

 

ローションパック

 

シートマスクに美白化粧水を染み込ませ、ローションパックをするのも◎。
じっくり美白成分が届き、瑞々しさも倍増~
目安は5分位ですが、とても気持ちいいですヨ。

 

 

洗顔後速攻で化粧水!・・・これって正しいの?

 

お肌は潤ってこそエイジングケア!という観点から言えば、速効で化粧水を使う方が◎。
でも、たま~にチェックしたいのが、今のお肌はどんだけ乾いてるのかっていうこと。

 

1週間に1回でもいいので、洗顔度に30分位放置してみてください。
私もたま~にやりますが、突っ張るような痒いような、いや~な感触になるんです。
でも、しばらくすると、自分の皮脂がでてきて、突っ張るような感覚がなくなっていくんですよ。
天然保湿因子は誰でも持っているもの。

 

放置したとき、私のようにむず痒いように感じても、30分位で落ち着けばOK。
肌状態は安定しているということなんです。

 

もし、突っ張るようなチクチクするような感じがまったく変わらない場合は要注意!
カラカラーーお肌の危険信号!
徹底的に潤いケアをする必要がありますヨ。

 

<効果がある!美白化粧水の選び方と使い方 まとめ>
icon-check01-red美白化粧水は、厚生労働省が認可している美白成分が入っているものを使う
icon-check01-redコットンを使うときはそ~っと使う
icon-check01-redパッティングのしすぎは赤ら顔の原因になったり、肌表面を傷つけることもある
icon-check01-redたまには洗顔後に30分放置して、乾燥具合をチェックする

 

 

シミ消しにいい美白化粧水の選び方はわかったと思います。

 

が!

 

一番大切な事があります。

 

それは、お肌は皮脂膜に覆われているため、水溶性の化粧水は浸透しない!ということ。
化粧水は、洗顔後にすぐに使いますよね。
洗顔で皮脂が洗い流されているので、浸透しているように思えますが、そう簡単に肌内部までは浸透していない・・・んだそう。

 

だから、分子をナノ化したりして、お肌に入りやすく工夫しているみたいです。

 

美白化粧水

 

 

私が使っているビーグレンキューソームホワイトローションは、「皮脂膜で覆われたお肌に、化粧品は浸透しない」ことから、キューソームというドラッグデリバリーシステムを使っています。
DDSとも言われ、ガン治療や、塗る麻酔にも使われている浸透技術を、化粧品に応用しているんです。

 

お肌に入りやすくしている!というよりも、お肌に確実に入る!

 

やはり、化粧品は浸透しなければ意味をなさず・・・
しっとりしているから浸透しているとは限らない!
もしかしたら、もったいない使い方をしているのかも知れませんね。

 

 

ビーグレンホワイトトライアル

 

 

トライアルがあるので、気になる方は、まずはお試しから。365日返金保証。送料無料です。

 

ビーグレンキューソームホワイトローションのシミ消し成分は、ビタミンC誘導体より効果が高いと言われている、直接型ビタミンC誘導体です。

 

●⇒ビーグレンシミ消しトライアル

 

●⇒シミ消しトライアルの口コミ・シミのビフォーアフターはコチラです

 

「おすすめの美白化粧水 シミに効果がある美白化粧水の選び方」でした。