夏の終わり、気温の変化に秋を感じ始めるころにやってくるのが、秋枯れ肌。

 

夏の間もしっかりスキンケアをしていた!・・・はずなのに・・・

夏場って、湿気が多いことから、潤ってるような気がして、保湿ケアを怠りがちな季節なんですよネ。

 

そのツケがやってくるのが秋口。

 

かさかさとやたら乾燥したり、全体的にくすんだり・・・
悩ましいですよね。

 

そんな秋枯れ肌を解消するスキンケア法は2つ。

 

徹底して美白ケアをすることと、徹底保湿。

 

 

肌奥から徹底シミ・美白ケアをする

 

夏の間に溜め込んだ紫外線の根っこを根こそぎ追い出す作戦です。

 

目には見えないけれど、シミの種もまかれ、蓄積されています。
肌くすみなどの美白ケアは、早ければ早いほど効果的。

 

それには、肌表面のケアではなく、肌奥からの肌くすみ・美白ケアが必要。
シミの根っこは深い所にあるゆえ、深い所からケアできるスキンケアがおすすめ。

 

 

おすすめの美白化粧品

 

私が使っているのは、ビーグレンQuSomeホワイトセット。
QuSomeホワイトローションで美白肌を整え、QuSomeホワイトエッセンスでシミの予防と排出を促す!
QuSomeホワイトクリーム1.9でシミを還元し、QuSomeモイスチャーリッチクリームでお肌を育てるという、4ステップ。

 

更に一歩すすんだ攻めの美白ケアをすることで、肌のくすみが排出され、更にはシミが表面化せず、今あるシミにも違いを感じるように♪

 

●⇒ビーグレンQuSomeホワイトトライアル

 

●⇒口コミとシミの変化はコチラ

 

すでにビーグレンホワイトセットを使っている人は、使用量を増やしてみてください。
ホワイトローションはいつもの倍量を。
コットンやシートに含ませてのローションパックもおすすめ。
ホワイトエッセンスやホワイトクリーム1.9、モイスチャーリッチクリームも量を増やして使います。

 

いきなり倍量を塗るのではなく、1回量を塗ってハンドプレス。
更に重ねてハンドプレス。
この方法がおすすめです。

 

インナードライを感じる時は、モイスチャーゲルクリームをプラスするのもいいですヨ。

 

徹底保湿!秋枯れくすみ肌に美容オイル

オイルマッサージにおすすめ

 

 

秋って、全体的にお顔がくすんできますよね。
日焼け止めクリームを塗っていても、紫外線を完璧に予防するのは難しいゆえ、夏前と比べると、なんとな~っくくすんできてしまうんです。

 

このくすみ、実は潤いが足りていない証拠!
角質も毛穴も固くなりがちで、本来なら剥がれ落ちていくべき角質もお肌に長く留まってしまうんです。

 

40代以降のくすみは、乾燥が原因のことが多いので、美容パックをしたりスペシャルケアを続けることで解決していくことが多いんですヨ。
見落しがちなのが油分!!

 

美容液ももちろん必要だけど、油溶性のエイジングケア成分はもっと大切。
もともと油分が激減しているお肌ゆえ、美容オイルの必要度が高いのです。

 

やっぱり美容オイルは乾燥肌の味方♪
特にお風呂でのオイルマッサージはおすすめ。

 

瞬時に感じる潤いと艶は、やっぱり美容オイルならではです。

 

●⇒おすすめ美容オイルの口コミ

 

 

肌質は十人十色。
お肌に合えば、秋枯れくすみ肌は明るく♪透明感を感じるように変わっていくと思います。

 

「秋枯れくすみ肌を解消するスキンケア法」でした。