美白化粧品

 

 

シミも消したいし、しわも消したい!
40代になるとすごく気になってきますよね。

 

シミにはこの化粧品。
しわにはこの化粧品。

 

増えていくばかりで、ごちゃごちゃ・・・
効果が出ているのかどうかさえもわからない・・・

 

効率よく、できるだけ少ない化粧品でシミもしわも何とかしたい・・と思ったりしませんか?

 

長年使ってきて、私なりにセレクトして使っているビーグレン。
シミもしわも消す!同時進行可能なラインをご紹介します。

 

私が使っているのはこれ。

 

① クレイウォッシュ
② キューソームローション
③ トータルリペアアイセラム
④ Cセラム
⑤ キューソームモイスチャーゲルクリーム
⑥ キューソームホワイトクリーム1.9(夜のみ)
⑦ キューソームモイスチャーリッチクリーム

 

シミもしわも改善できるその訳は・・

クレイ洗顔料

 

まずはクレイウォッシュで、潤いを残しながら毛穴の大掃除。

 

その後にキューソームローションを使います。
以前のエイジング化粧水は、美白化粧水と保湿化粧水に分かれていたんですが、今は、キュソームローションだけになりました。

 

 

目元専用美容液

 

 

その後は、目元専用美容液、トータルリペアアイセラムを目の周りに塗ります。
トータルリペアアイセラムを先に塗るのは、しわはシミよりも深い所でできるからです。
化粧品は、塗った順番に浸透していくことを考えて、トータルリペアアイセラムを先に塗っています。

 

 

ビタミンC美容液

 

 

そのあとにCセラムを。
鼻の周り、口の下に丁寧に塗り、その後にお顔全体に。
しわにも丁寧に塗ります。

 

Cセラム・トータルリペアアイセラムは、順番を変えても浸透力に問題はありません。
ビーグレン同士なら、問題なく浸透します。

 

Cセラムは過剰な皮脂をコントロールしてくれるので、皮脂づまりが起きやすい鼻の周り、口の下は白いぶつぶつができることがあるので、重点的に塗ってます。
しわにも丁寧に塗るのは、ビタミンCは、コラーゲン生成に役立つから。
しわを内側からふっくらとさせるために、しわに塗っています。

 

お顔全体に塗るのは、小さなシミもくすみも薄くしたいしたいし、シミの予防にもなるから。
Cセラムは濃度7.5%のピュアビタミンC。
活性酸素の影響や、メラニンの暴走を抑えるほか、淡色化にも◎。
私は、主にCセラムだけでシミが消えた経験が!

 

ビーグレンシミ美白

ビーグレンシミ美白

 

その後に使うのがキューソームモイスチャーゲルクリーム。
シミ消しもしわ消しも、一番大切な基本は保湿です。

 

保湿ゲル

 

キューソムゲルクリームでお顔全体を保湿するわけですネ。
キューソームゲルクリームを使っていると、インナードライを感じないんです。
1日中しっとり潤う要的存在。
使わない時と比べると、潤いの差は歴然です。

 

肌乾燥が気にならない時は、使わないこともありますが、冬は必須です。

 

 

シミクリーム

 

 

キューソームホワイトクリーム1.9は、紫外線の影響を受けやすいので、夜だけ使っている美白クリーム。
シミに丁寧に塗ることでシミが還元。
お顔全体に塗ることで、明るさを増していく美白クリームは、Cセラムと一緒に使うと、最強の美白ができます。

 

 

保湿クリーム

 

乾燥肌には水分も油分も必要ですよね。
油分で肌表面を守りつつ、肌奥に浸透し、しわを内側から押し返す。
お肌を支えてくれるのがキューソームモイスチャーリッチクリーム。
浸透することで、お肌がふっくらです♪

 

 

というように、それぞれちゃんとした理由があり、このラインに落ち着きました。
肌状態で使わないこともあるのは、モイスチャーゲルクリームと、モイスチャーリッチクリームです。
2つ一緒に省くのではなく、どちらか1つを省くことがあります。

 

icon-check01-redシミには⇒ Cセラム・ホワイトクリーム1.9
icon-check01-red全体的な乾燥やしわっぽさには⇒ Cセラム・モイスチャーゲルクリーム・モイスチャーリッチクリーム
icon-check01-red目元小じわには⇒ トータルリペアアイセラム

 

これに、クレイウォッシュとローションをプラスです。

 

 

シミ・しわ ビーグレンおすすめのトライアルは?

 

じゃあ、シミとしわを解消するには、ビーグレンのどのトライアルから始めればいいの?・・・ってことですが。
ビーグレンには、悩み別に8種類のトライアルがあります。

 

①シミが気になるのなら ⇒ホワイトケアトライアル

②目元の小じわ・クマ・たるみが気になるのなら ⇒目元ケアトライアル

③毛穴の詰まりや黒ずみ、滴型が気になるのなら ⇒毛穴ケアトライアル

④ほうれい線が気になるのなら ⇒たるみ・ほうれい線ケアトライアル

⑤深いしわが気になるのなら ⇒エイジングケアトライアル

⑥肌乾燥が気になるのなら ⇒乾燥・保湿ケアトライアル

⑦ニキビが気になるのなら ⇒ニキビケアトライアル

⑧ニキビ跡が気になるのなら ⇒ニキビ跡ケアトライアル

 

Cセラムは、どのトライアルにも入っているので、どれから使い始まってもある程度のシミケア・くすみケアはできます。
シミも小じわも同時に解決したい場合は、目元の小じわケアトライアルから始めるのがいいかと思います。

 

小じわが消えた化粧品

 

●⇒目元のケアトライアル詳細

●⇒ビーグレンまにあの口コミ・ビフォーアフターはこちら

 

 

「シミもしわも改善!ビーグレン化粧品の使い方」でした。
迷った時は、参考にしてくださいネ。