活性酸素を発生しない化粧下地

 

こんにちは。ビーグレンまにあです( ̄▽ ̄)

 

先日、スキンケア大学の一節に

 

紫外線散乱剤は活性酸素を発生する!

 

という一節を発見し、まぢ?どうすんの?
ビーグレンヌーディーヴェールにも使われてるよーー紫外線散乱剤!
紫外線散乱剤って、酸化チタンとか酸化亜鉛とかいうヤツネ。
紫外線による活性酸素発生を抑えるためのUV効果なのに、使わないほうがいいのかな・・・

 

頭の中を、いろんな思考が駆け巡り
そんなら、カスタマーセンターに聞いちゃおう、ってことで、聞いてみましたよ。

 

その時の返事がこれ。

 

通常、紫外線散乱剤とは酸化チタンや酸化亜鉛を指し、
この成分については、確かに紫外線が当たることで活性酸素を発生しますが、
その特徴を持っているのはある特定の形をしたものだけです。
大きく分けて酸化チタンは2種類の形があり、
化粧品で用いられるのは、そのような活性がないもの、
つまり活性酸素を発生しない形のものが使われています。

 

また、化粧品に使われる酸化チタンや酸化亜鉛は表面をコーティングしてあるものがほとんどで、
外からの影響を受けにくくなっています。
ヌーディーヴェールに配合しているものも、コーティングしてあります。
安心して、ご使用いただければと思います。

 

 

化粧品に使われているものは、ビーグレンに関しては大丈夫。
おそらく、他の化粧品メーカーにも大丈夫なのかな・・・と。
不安な人は、メーカーに聞いてみるといいと思いますよ。

 

また、紫外線散乱剤を使ったUV化粧品は、どうしても粉っぽさがでてしまい
それを解消するために、ナノ化してあるものもあるんだそう。
ナノ化してある、という事は、肌内部に入ってしまう可能性が・・・
というのを、ネットで見つけたんですよ。

 

ビーグレンって、キューソーム浸透技術を使ってるでしょう。
ナノ化以上に怖くね?
ってことで、これも聞いてみました。

 

キューソーム化されているのは
有用成分のみとなり、全ての成分ではありません。

 

ヌーディーヴェールでキューソーム化されている成分は、
「ヒアルロン酸Na」と「水溶性コラーゲン」のみとなります。

 

それ以外の成分は、キューソーム化されておりませんので、
肌内部へ浸透することはございません。ご安心くださいませ。

 

 

今時は、ネットにすぐに情報が載るから、どれが正解でどれが違うのかってとてもわかりにくいですよね。
迷った時は、メーカーに聞くのが一番。
あいまいな返事の時は、使うのを避けたほうがいいと思いますよ。

●⇒ヌーディーヴェールの口コミはこちら